LSメンのみでベガリーインスペクター

復帰者1名により同時ログインが最大7名となったUchino LS。

復帰者は2年以上?前に引退してたのでアドゥリンMは第2章に入ったところまでしか進行してなく、もちろんヴァナ・ディールの星唄なんてものは存在してなかったものの、「お使い疲れた」とぼやきながらもいろいろと進めているようで。

で、最大7名とは言ったものの、1名ぐらいは欠けることも稀によくあるため、まだまだリハビリや新しい動き方への慣れの期間だろうし無理させてるだろうなー、とは思いつつも、
NQ装備でもなにかと使えるアンバスケードやエンピIL119へのフラグ回収も兼ねたタイトル通りベガリーに参加してもらったり。

ベガリーは素材もいい金額で取引されているので、自分が使うにしても売るにしても、メンバー集めの敷居が下がればいいはずだよなーと思っていて、前にちらっと書いたように最近ようやくLSメン(のみ)で攻略を進めていたわけで。

まあ、ベガリーとは?という復帰者を初参加がハデス・真ハデス・アシュラックルートってのはちょっとアレだったが(ケアルだけしててとか簡単な説明だけ)。剣学白黒黒コとかナ学白黒黒風とかそんな構成で1回ずつやったかな。

バラモアルートはこれもたまたま多分6人で、サブダクの青は必要、ボス系は連携あったほうがいい、範囲焼きとMB要員に黒がいる、とか主張した結果、ナ学黒黒青風。正直風水はいなくてもいい気がしてきたな。白抜きでもわかるように復帰者は未参加。

中ボスのデュラハンの戦闘場所の指定が悪く、倒して直ぐに壁に張り付くはずが、1名、次の陣のフォモルに絡まれて6体(+ペット)を相手にすることになり、バタバタと倒れていくものの、なんとかやり過ごせた。第3陣のジョブフォモルは硬いし痛いしここは注意だなぁ。

で、この週末にドクマクルートをクリア。ナ白+学黒黒青青。

最初の赤エフは1発で引けたけど、その後の引きが悪く、柱1本残してようやくボスに。残り30秒切ったところで倒して、ロットぎりぎり間に合って異界送りにならずに済んだ。

人数が多くなればその分火力があがる、火力があがればルート毎の攻略時間が短くなる、ルート攻略時間が短くなれば1日で3か所回れるようになるわけだけど、人数を増やすつもりが周りにないので、1日の活動時間が約1時間のUchino LSではドクマクだけ別日の二日間で回れるようになりたいところ。

先週の話なんだけどブツを一気に納品(エピオラトリーできました)

もしかしたら別のことに使う資金に回すかも、とバザーや競売で購入した分を含む手持ちの高純度ベヤルドが10000個を超え、また、同盟戦績も2600万以上になった。それでも完成までに必要な13099個に足りない分は、アンバスケードのホールマークで補完可能な範囲に。

イドリス作成の時はほとんど購入せず、同盟戦績をちびちび貯めたり、WKRキャンペーンがきたら吐きそうになりながら巡回してたけど、今回はどっちかというと購入中心。とはいえ安目だと思ったら買う、みたいな感じ。

過去のWKRやらのお陰でメナスボスの素材は全部あるし、ユグの完全結晶分にあたるメナスポイントも260万ほどある。

各種霊石(NQ)のストックはあまりないが、なんかの折に大量に手に入った黒霊石+1をO.フラグメントに変換すれば、NQ各種200個は余裕。

ということで、17/07/19の夜、高純度ベヤルド100個放出してクエスト「クイエセンス<裏式>」にようやく着手。物理カット55%他なこともあり、さくっとクリアして、レクシムブレードをゲトゥ。

ここから本格的な納品となるわけで、バズテヴィアの翅、ロックフィンのヒレ、ギャブラスの角、高純度ベヤルド500個を倉庫から取り出して納品。白霊石は上記の通り一旦O.フラグメント経由で200個入手して納品。

なお、霊石はダース(12個)が1セットなので、一気に手に入れようとすると200個分となると地味に鞄の空きが17必要。前回イドリスを作るときにも多少交換したけど、あのときは1個ずつもらうしかなく辛かった(今は一度に99個まとめての交換が可能)。

納品が済むと手に入るだいじなもの「超魔導リング」を手に、NTL水林(K-10)のRunic Overflow (最寄りは#2)にレクシムブレードをトレードしてイベントを見ることでようやく強化が1つ進む。

次の納品は、これまた倉庫からイグドリアの根、ワクタザの嘴、セフエジの爪、高純度ベヤルド2500個を取り出して。緑霊石200個もO.フラグメント経由で手に入れて納品。

今度のレクシムブレードのトレード先は、マリアミ渓谷(I-10)のRunic Overflow。ここの比較

最寄りは#2だけど、インカージョンの入り口より先(マップでいれば南)になるので、マウントで移動するのがオススメ。途中コロナイズ・レイヴが1つ邪魔するので、壊すか、蔦を上って回避すればよい。

で、最後の納品。ユグの完全結晶はINVワークスのところでメナポ交換で入手。黒霊石200個は上記と同じ。手持ちの残りの高純度ベヤルドを納品したところで、力尽きた。

翌日(17/07/20)の夜、足りない高純度ベヤルドを納品先のミスラ(Runje Desaali)から同盟戦績を交換(端数40万程残し)してもらい、それをそのまま納品したり、それでも足りない分はマウラに行ってホールマーク交換で補填して9999個の納品が完了。

最後のRunic Overflowは西アドリンINVワークス付近、というかメナポ交換NPC(タルタル)のすぐ隣の壁に埋まった樽のところ。これをなかなか見つけられずに結構うろうろしたなぁ。

ということで、これでエピオラトリーが完成したわー。

餅鉄10000個あれば更に強化できるけど、こっちの手持ちは今はその1割位。残り分位の購入資金は残ってるけど、イドリスも強化してないので、どうやっていこうか悩み中。

で、エピオを担いで少しコンテンツ(オーメン詰み乱獲、身内ベガリー等)に参加した話は書く気になれば別途書こう。

コンバタントトルクを練成(してもらった)

確かfjt箱からだったと思うけど、随分前にマスキロブカトルク(短剣・両手槍・受け流し)が唐突に手に入って、いつかは残りを揃えるんだ、なんて思ってたけど、なんとなく急に揃えたくなったので、青/シ(アークEV・シルヴィ・シャントットII・コルモル・クピピ)でエスカ-ル・オンに通うように。

とりあえず雑魚を狩って抽選でNMを沸かさないといけないので、討伐エミネンスがないゼデーは後回しにする形でエミネンスクエを受けつつ都合4~5日かけて、揃えることがでけた。

トルク取った順番は以下の通り。トルク以外の装備も稀に出たけど、全体的に渋い。

  • フワボ:ヤラックトルク(片手刀・弓術・回避)
  • ゴラホ:デシマストルク(片手剣・両手斧・ガード)
  • ペミデ:アカンサトルク(両手剣・片手棍)
  • ユブヒ:ビリアストルク(格闘・射撃)、メナデクガンビエラ
  • ゾミト:アジラストトルク(両手鎌・両手刀・盾)、ハリタスヘルム
  • ゼデー:カーナルトルク(片手斧・両手棍・投てき)

倒した雑魚数やNM数は覚えてない。嵌ったイメージが強いのはゾミトかな。

斬突打の削り手段が必要でめんどくさいイメージがあったゼデーは、斬=片手剣、突=グルーティナスダート(笑)、打=片手棍でカバーし、突有効の時だけNMから離れて連打でなんとか。

ということでトルクが揃ったわけだけど、練成スキル20台しかなく、自作する気力はまったくナッシングだったので、LSメンにお願いして一発練成成功(安全レバーしか操作してない)。ありがたい。ありがとう。

現在運用中の魔剣のカット装備に対し、エーティルの被物理ダメカットIIは別として、ロリケートトルク+1の代わりに差し込んでそれ以外の装備を見直してみたところ、確か

  • 被物理ダメージ:-50%
  • 被魔法ダメージ:-43%
  • 被ブレスダメージ:-38%

って感じに(実戦ではまだ運用無し)。

シェルかかった状態なら被魔法カットが溢れてるんだろうし、耳のオノワイヤリング+1とエテオレートピアスが魔法・ブレスの差

でてきてるので、エテオレートを魔回避上げるなにかにしようかな。

ナイトの装備も(ボナンザボールを処分して鞄に)余裕ができたら見直しを検討しよう。

なお、ヨヴラのラヴを倒したことがないので、十一至徳はできてかったり。

物理構成でKirin(Kouryu)、Neak、Yakshi、Majuを

書くのをサボってたので、ほとんどうろ覚え。少し省略しつつ。

前半2つは先々週末、後半2つは先週末(つまり昨日)、SPアビ全開でのごり押しでなんとか討伐できた。

実際には更に2週間以上前に精霊で2回ほど、物理で2回ほどKirinには挑戦してた。

精霊で挑んだときは四神は都度倒していきながら削る方法で、物理の場合は離してキープしてる間に速攻で倒す作戦。

精霊ではKouryuにはいけるけど、チャージ切れのタイミングやスロウガにより最大火力を引き出せないまま負けてばっかりだったので、物理でごり押しする方針に変更となった感じ。

負けた2戦は沸かしたプレイヤーに召喚された四神が勝手に向かうだろうからと四神キープのナイトが沸かしたんだけど、入口付近は先客がいて使えなかったため

  • 1戦目、戦闘場所の選択が悪く(南西のラ・ロフ前)、Kouryu(出現時東を向く)のブレスをナイトが思いっきり喰らうこともあり、ぐたぐだとなったまま敗退。
  • 2戦目、北西のラ・ロフ前に移動して挑んだところ、出現したKouryuがナイトのほうに向かおうとして想定した位置からずれことが判明。また、絶対回避が2回ほどきた模様(DD担当者より戦闘終了後に報告)で、残り1割ぐらいを削りきれず敗退。

ということで、戦闘方針を見直すことに。あ、基本構成はナ、剣、コ吟、白、竜青踊風。吟コはDD PTに呪歌ロールかけたら盾PTに、白は盾PTに強化かけたらDD PTに。なお、剣はここではメイン盾だけど、島に移動後はDD扱い。

ラ・ロフ前以外の開けた場所が空いていたこともあり、

  • POP担当はメイン盾役の魔剣。POP場所に対し東側に立って沸かす。
  • POP場所の南方向の少し離れた場所にナイトを配置し、四神召喚時には挑発等で引っこ抜く。
  • ロールはカオハン、呪歌は忘れたけどマドメヌマーチの組合せで4曲。
  • インデプレサイス、ジオフレイル、エントラフューリー。
  • SPアビは、少なくともボルスターはKouryu変化後から使う。他はよく覚えてない。

そんな感じで挑んでなんとか1発で勝利。高い壁だったがなんとかなるもので、これでなんとか醴泉島に移行できる。

で、ついでだから人数いるときに島のSt3もやろうということで、とりあえずNeakをほぼ同様の戦法で討伐。

気を良くしてYakshiも挑んでみたけど、確か残り2割以上残したところで死の宣告でほぼ全滅となってこの日は終了。

Yakshiの削りペースが途中から落ちたという話があり、強化魔法を吸われてた可能性がでてきたので、プロテス等物理削りに問題になりそうなものはかけないようにし、死の宣告対応として抗ドゥーム薬は戦闘開始時ではなく少し削ってから使うよう変更。

DDが2名程倒れ、もうだめかもと思ったけど、ぎりぎり倒し切れた。

Majuは、隠者を飲んだ風水(つまりおいら)がフォーカスランゴールしてブラインを入れてみよう、殴るのはその後からだ、という話になったけど、7~8回試したけど入らなかったので、これまた超ごり押しで。

これまたぎりぎりの攻防だった気がするけどなんとかこちらも倒し切れた。

なお、できる風水なら何回かやってたら入るらしいので、単においらの(装備等)魔命が足りないのだろうなぁ。

ということで、自分らのLSだけでもSt1やSt2はやれるから、基本的に残りは隠しNM群ということに。

物理構成でWoC

他LSメンバー(ナ風吟)との合同でイオニック向けWoC討伐を。まずは以下のPT編成で挑戦。

  • 剣ナ白風+竜青吟風コ赤

メイン盾は剣で、ナは魅了時用サブ盾。盾風水のおいらは魔除け担当。物理風水はフレイル+フューリー担当。どっちもエントラはヘイスト。ロールはカオス・アライズだったかな?吟はマチメヌマド?(覚えてない)

開幕後しばらくして(腕輪を付ける前)から命中がきついとのことで、インデプレサイスに変えたりとか、バタバタしてるうちに魅了祭りからのジェノサイドとなり、仕切り直し。

風水二人によるSP封印はまったくできなかった。

開幕直後の削りペースは悪くなかった、ディストラIIIもまったく入らなかったとの発言もあり、よりごり押し構成とするべく「ナ⇒黒、赤⇒踊」、物理風水はインデを初めからプレサイスに変え、長いスタン時間を短くするためにバサンダラとか強化を見直して再挑戦。

  • 剣白風黒+竜青踊吟風コ

一発目のSPを白弱点をついてSP封印したけどSPがなんだったか判らず。少なくともコールワイバーンではないことだけは確実。

腕輪付けたのを充分確認してからの物理風水のボルスター等追い込みをかけ、切れる前に削りきることに成功。

なお、前回討伐した際に参加してなかった人向けに青龍も倒し、残すは麒麟のみに(おいらはル・オン完走)。

エスカ-ル・オンの青龍さん(他)

魔法をかけられようとするとキレてダッシュで駆け寄って即死級ブレスしてくる(という噂)のエスカ-ル・オンの青龍さん。この仕様のせいで近接構成でやるのが基本なわけだけど、4~5回LSメンPTで挑んでも、どうにもクリアできない。というかそもそも6人集まらない、集まりにくい。

そんな日々が続く中、この間の日曜、LSメンの知り合いが2名(リューサンと魔剣)手伝ってくれる(但しうちのLSメンは1名休み)ということで、剣白風竜コ吟+青な7人体制で挑戦を。

全属性ほぼ50%カット+エピオ持ち剣/戦がタゲを取り、もや髭持ちリューサンがジャンプを駆使してヘイト抜きつつ一人連携。もやマス青もがんばって殴る(但しPTが別のためbuff薄め)。

ディスペルウィンドでロールや歌が消えていき、スロウガにイレース・ヘイスト、ドレッドシュリークの麻痺は薬品(テンポ含む)にも頼る、風水はインデフレイルとエントラヘイストをキープ、とかいう感じでなんとか討伐。

やっぱヘイトコントロールは大事ね。あと魔剣の回復がとても楽だったみたい(白魔談)。

念のためなのか、もう1戦したけど、なぜか2戦目の方が固く、時間がかかった感じ。

装備は句芒の帯を計2つ落として、一つお持ち帰り。

これでエスカ-ル・オンのおいらの残りはWoCのみ。LSメン4人は+麒麟、1名は+青龍ってことに。

あと、駆け込みアンバスケードの話を少し。

といってもこれを書いている日がほぼ最終日みたいなものだ。

5月はキャンペーンが15周年記念ということもあり、そっち系をがんばってた人が多かったのか、また6月のVUが結構前倒しなこともあり、昨夜とかひどく人が多く、突入待ちが長かった。

LSメンで行くときは6人目をあつめる手間を惜しんで、5人+神子様とかも多々あり。結局震天MBで攻略することもあり、1章(エキスパート)は魔剣で参加で。サボテンの処理が遅れて雑魚が湧いても、フォイルで敵対心稼いで、バットゥタ+ソードプレイでキープ。でも雑魚湧かなければマイティにかぶせられるのでそっちのほうがもちろん楽だったなぁ。

野良あたりで少し稼いでたこともあり、なんとか累積ホールマークの2万超え、ガラントリー1万超えを
達成しアブダルスメタルは上限個数まで獲得。

残ったホールマークを忘れずに交換しておかねば。

周回遅れも甚だしいイオニック進行

個人で進行LSに入り2~3個作ったLSメンを除けば、おいらを含めLSメンは1個も持ってない状況なので、面子が揃って他のやることが無いときとかにLSメンで牛歩のごとく少しずつ進めているわけで。

一昨日あたりにエスカ-ル・オンのSt3を進めた結果、ここで残ったNMは青龍・麒麟、WoCに。

(戦闘スキル)トルク集めをしてるLSメンがいて十一至徳は作ったっぽいのでWoCのトリガーもあるけど、お手伝いさんがいないと無理だろうなぁ、きっと。

なお、どっかに以前書いたかもだけど、どうせエピオは作るの無理だろうとおいらは両手剣で進めてる。でも、銃に変えとけばよかったなぁと少し後悔。今から変えるのは足を引っ張る形だからこのまま継続する予定。

黒白吟でドーの門ジョブポ

ほぼ白担当にならざるを得ないLSメンのギフトがまだ900ぐらい残ってるということで少しでも積み上げておくかと、ログインしてた3人でジョブポを稼ぎにいくことに。

敵の回避も下がってるわけだし、ドーの門の三連蝙蝠相手に、臼吟にヘキサ・エグゼンで光連携を出してもらいエアロ系でMB 2発、を2回やればなんとか倒せる感じ。

白はアモヤ装束持ってなかったけど、なんとか当たってたようで。呪歌は栄典を含むマーチが多目だった模様。フェイスはオーグスト、コルモル、ヨランオラン?アプルル?のどっちか。

一人回線・端末の調子が悪いようで、30分ぐらいで3回ぐらい赤玉落ちするため、早めに切り上げ。30ぐらいは稼いだんだろうか?(開始時を覚えてない)

学者が☆三つ

ログイン時間があまりないLSメンがいたので、焼印でも貰っとくかとアンバスケード1章(多分むず)を1回。剣黒黒学風コで、剣で参戦。

学を含む数名は他で経験済みだったこともあり、開幕直後30秒以内にサボテンを氷MBでさくっと倒せたので雑魚召喚はナッシング。で、後はアンティカボスを倒すわけだけど、どうにも削りが悪く、3~4回ぐらい震天連携したような。ボスの風MB向けにフラブラx3(を2回)してガンビット・レイクしたはずだが、ものすごい勘違いしてたかも?あとは、風陣2のかけ直しが旨くいってなかったと戦闘途中で学者がいったのも影響するかもだし、風水魔法の一部がジオアキュメンだったけどマレーズにしたほうが良かったのか、よくわからず。

まあ、時間はかかったものの倒したのでよしとしよう。

で、タイトルの件に。

上記解散後、ずっとシャウトしてた1時間(物理系)ジョブポ狩りに学者(回復枠とのことだったので一応サポ白)で野良参加。

160ジョブポほど稼いで解散した後に「そもそも残り39ジョブポでマスター」ってことに気づいた。

このジョブポPT、戦暗による核熱・光・光の3連携で一応黒魔も一人(戦暗黒風コ学)いたのでそこそこでいくのかと思ったけど、黒が連携発生してから5系を唱え始める・バブルカーテンを消そうとしない、風水はいたけどリーダーの2垢で基本突っ立ってるだけ、PT全体が多国籍なのでそこをうまく説明できないことで、まあそんな感じだったなぁ。

(途中から)連携開始の合図とか一応出してたから、もっと効率的なMBもできたはず。やはり野良はいろいろあるわ。

ということで、学者も一応マスターに。まあ、装備打ち直しとか手抜き感が強いので、あくまでアンバスケード等連携枠参加用。

#タグだけみたら「アンバスケードで学者マスター」にみえるな。

(書きなぐり) レベル1から始めるオススメMMOPRG生活(妄想)

新規で始めてる方を見かけて、なんか書きたくなってしまったので。より内容がしっかりしたのは余所にあると思います。

冒険をするにはやはりレベル上げが必要だと思います。

序盤は攻撃力が高く打たれ強いジョブ(戦士・モンク)、回復力があるジョブ(白魔道士)が個人的にはオススメです。レベル18ぐらいに取得クエストが発生するサポートジョブが手に入るまでは、シーフは一旦忘れましょう。なお、精霊魔法という火力がある黒魔道士ですが打たれ弱い(MP切れたら涙目)です。赤魔道士は殴りもケアル(HP回復)もできますが、ポイゾナ(解毒)できないので、これもできれば一旦忘れたほうがいいように思います。とはいえ、好きなジョブを上げたいでしょうから、そこはまあやりたいようにやればいいかと。

で、まずはエミネンスレコードの初級編の導線に従いましょう。フェイス(パーティを組んでくれるNPC)が一人呼べるだけでも各段にかわります。

このフェイスですが、所属国で最初に手に入るジョブ(というかNPC)が違います。サンドリア王国では槍使いのナイト(確か)、バストゥーク共和国では片手剣使いの戦士、ウィンダス連邦では片手棍使いの白魔道士です。つまり前者2名の場合は盾として攻撃を極力受けてもらい戦闘を優位に進めていくことになります。残る白魔道士の場合は自分が攻撃を喰らうのを前提に回復してもらいながら闘う感じでしょうか。

エリア毎の討伐系エミネンスレコード(大体10匹倒す)を受けて戦闘しましょう。お題をクリアするたびに経験値とエミネンスポイント(後述)が得られます。

また、フィールド・オブ・ヴァラー(ダンジョンの場合はグラウンド~)に沿った敵を倒しお題をクリアすると、こちらも追加経験値や(ヴァナ1日に1回)ギルが貰えます。こちらもできるだけ受けておきたいところですが、レベルが上がると闘う敵も変わっていくかと思うので、その度に近くの本で変更する必要があります。

基本的にフェイスは呼び出した際のレベルに従っています。レベルが上がって、リキャスト(再呼び出し)が可能だったら戻して呼び直すのが吉です。魔法を使うフェイスはレベルがあがることで詠唱可能な魔法が増えます。

複数のフェイスを呼び出す場合、マクロを用意すると便利です。なお、最初は最大3人までしか呼べませんが、「ヴァナ・ディールの星唄」を進行していくことで最大5人を呼ぶことができます。

マクロ行に以下のように列挙します(ウェイト秒数はうろ覚えなので、適宜変えてください)。

/ma フェイス名 <wait 10>

全員を帰還させる場合、「/returnfaith all」とチャットラインに打ち込むか、上記と同じく1行マクロを用意するといいです。機能しない場合「/retunf」と打った後タブキーを押してコマンドを補完してください。

街の出口辺りにいるガードにシグネット等をつけてもらうことで、倒した敵がクリスタルを落とすようになります。クリスタルに関してもエミネンスがあるので、ずっとオファーしておくとよいです。開始した国に隣接したエリア付近では、土・風あたりが狙い目、次点は炎・水、サンドリア近郊であれば(多分)レベル10付近で闘うキノコが闇のクリスタルを落とします。

なお、減ったHPやMPはヒーリングすることで徐々に回復できます。毒やディア、バイオといったHPが徐々に削られてる状態ではヒーリングできません。また敵に殴られてもヒーリングは解除されます。ヒーリングとはL3ボタン(左アナログスティックを押し込む等)を使って座った(瞑想?)状態のことです。キーボードではCtrl-hまたはAlt-hになります。立ち上がるのは同じ操作をするか、L3スティックを倒しこめばよいです。

その他、いくつかやっておくこと、知っておくべきことがあった気がしますが思い出せません。

レベル5までは戦闘不能時のペナルティ(取得経験値減)はありませんので、街の外へ出て戦闘をしちゃいましょう。

抜刀して殴り掛かる、敵に魔法をかけることで戦闘開始です。近接武器はオートアタックです。戦闘系スキルは殴る、避ける等で上がっていきます。魔法系スキルは魔法詠唱(が成功)すると上がります。

敵の周りをぐるぐる回れますが、敵は敵対心の一番高いプレイヤー側を必ず向くのでぐるぐるしても躱せません(より強い敵を相手にするようになったらそういったアクション性がでてきます)。とはいえ、敵によっては前方範囲の技(ブレス系攻撃)があったりしますので、フェイス等の盾ジョブと同じところに立つより軸線からずれたり敵の背後に回った方がよいです。また、フェイスが白魔道士等の場合、一緒に喰らえば残念なことになりかねないので、自分の立ち位置で調整してあげましょう。

装備の見直しやシグネットのかけ直しなどのため、ある程度レベルが上がったら街に戻りましょう。
シグネット等は所属国のミッションをクリアし、ランクを上げていくことで効果時間が伸びていきます。

各国のガードは戦闘等で得られた個人戦績を元に、呪符やランクに応じた装備を提供してくれます。専心と呼ばれる経験値ボーナスの指輪はここでもらえます。昔と比べ多くの経験値が貰えるようにはなっていますが、

こうやって貯めたエミネンスポイント(EMIポ、エミポ)は、装備(武器・防具)に交換することが可能です。もちろん自分の装備をアップグレードしていくのもよいですが、交換した装備を店に売り金策の代わりにもできます。ヴァナ・ディールでは店売りの薬品は高く、魔法スクロールは高価です。また一部のクエストをこなすためには場合によっては競売等で購入する必要がでてきます。先立つものがないと不安ですね。

とりあえず、とっかかりとして書いてみましたが、続きは多分まあ書かないだろうなぁ。内容の見直しもあんまりやる気はないかも。

思い込み度10000%な内容ばかり。